HOME  > 事例紹介  > コンサルティング事例(温泉旅館)
KBS創研の事例紹介です
コンサルティング事例(温泉旅館)
<施設概要>
客室数:77室(本館、別館2棟) 年商:5億円

【問題点(before)】

①売上の減少
  団体(旅行会社のツアー)に依存し、インターネットでの販売体制が未整備

②目標管理体制の未整備
  予約状況を把握していない
  成り行きの営業・予約業務

③館内のオペレーションの未整備
  団体客の受け入れには慣れているものの個人客の対応が十分でない
  (JTBアンケート:78点)

④後継者の育成が不十分
  社長が営業に忙殺。後継者である息子の教育ができていない

【コンサルティングを実施】

後継者をリーダーとして営業、オペレーション、予約の改革プロジェクトを実施
(1年間:1ヶ月当り2日間)

①営業の改革
・ホームページの刷新
・宿泊予約サイト(じゃらん、楽天)の活用方法
・季節毎の情報発信のタイミングと内容
・インターネット販売に適した宿泊プランの作り方
・旅行会社営業の効率化

②目標管理体制の整備
・月別の予約速度(受注のタイミング)の把握と売上予測の方法
・目標未達成が予測できた時の是正方法

③館内オペレーションの改革
・アンケートの整備と月1回の検証
・料理内容(特に朝食)の変更
・仲居ミーティングの実施
・客室の点検と補修
・館内施設(売店、麺処等の見直し)

【コンサルティング後(after)】

①損益の改善(前年度実績比)
 ・売上高:104.5%
 ・原価:94.4%
 ・販管費:95.2%
 ・営業利益:174.9%
  
②営業の効率化と目標管理体制の整備
 ・インターネットによる売上構構成比の向上(各月約5%程度の増加)
 ・予約速度の把握と目標未達成が予測された時の是正行動(インターネットを活用した加重対策等)の習得
  
③個人客対応の向上と館内オペレーションの充実
 ・JTBアンケート84~85点で推移
 ・館内消費額アップ
  (売店:101.1%、麺処228.8%等)
  
④後継者の育成
 ・館内を統括する役割に成長

<コンサルティング後の所感>
後継者問題は、同族経営が多い旅館にとってよくみられるテーマです。後継者をプロジェクト・リーダーに据え、当社コンサルタントと連携を密に取り組みました。
現場での問題を解決する難しさと達成した時の喜びを実感したことで責任感を醸成させることができ、数値面でも大きな成果を残すことができました。