HOME  > 事業内容  > 診断・分析・調査
診断・分析・調査
経営診断・事業デューディリジェンス
経営診断・事業デューディリジェンス 観光業の多くの企業を診てきた当社ならではの視点で、的確に企業の問題点・課題を浮き彫りにします。環境分析(外部環境分析)においては、観光業を取り巻く環境をマクロ的視点のみならず、当該観光地の動向から他社との比較におけるポジショニングまでミクロ的視点でも掘り下げます。また社内分析(内部環境分析)においては、業界水準と照らし合わせた財務分析、ヒアリングや覆面調査から得られる従業員のモチベーション、動作分析をはじめ専門家と連携した資産評価、設備評価を実施し社内の問題・課題を徹底的に洗い出します。
企業再生
企業再生 企業の再生は、その企業の置かれている状況によって方法は異なります。キャッシュ・フロー改善においては売上改善の道筋をつけるとともに、各界のプロフェッショナルとの連携により様々なコストカットを実現。また金融機関等への返済が滞る恐れのある場合は、各都道府県に設置されています中小企業再生支援協議会等との連携により取引条件の変更等事業の継続を図るお手伝いを致します。再生支援専門の関連会社「ネクストサポート」ではこのようなキャッシュ・フローの改善や公認会計士、弁護士等と協働での再生スキームの策定、更には遊休不動産の売却等による債務圧縮や事業承継に向けた支援等あらゆるステージでの企業再生をサポートします。
経営戦略策定
経営戦略策定 企業に進むべき道を明確にすることが、不透明な市場環境において重要です。経営者の思いやリーダーシップは不可欠ですが、客観的な視点で事業環境や経営資源を評価することが求められます。当社では経営者の方とに膝詰めで話し合い経営者のビジョンを最大限尊重しつつ、環境や資源を最大限に活かす事業プランを企業と一緒に策定することをモットーとしております。
ホテル・旅館 満足度評価
お客様満足度の視点から当社独自のネットワークを駆使した調査により、ホテル・旅館の競合他社と比較した相対評価(ランキング)を行います。また全体満足度のほかに、客室や風呂、サービスなどの個別項目の比較を行うことにより、「お客様から見える問題点(オモテの課題)」を明確にすることが可能です。さらに下記の品質評価(覆面調査)を合わせて実施することで、「お客様から見える問題点(オモテの課題)」に加え、「オモテの問題を引き起こしている社内の問題(ウラの課題)」についても明確にすることができます。
ホテル・旅館 品質評価(覆面調査)
一般のお客様として宿泊し、全130項目からなる当社独自の「宿泊施設評価シート」に基づき、到着からお見送りまでの品質評価(覆面調査)を実施いたします。評価は、客室や館内設備、大浴場などハード面はもちろんですが、ソフト面に重きを置き、サービス面や食事、内部オペレーションなど「プロだからこそ見える社内の問題(ウラの課題)」を明確にすることが可能です。さらに上記「ホテル・旅館 満足度評価」と合わせて実施していただくことで、「お客様から見える問題点(オモテの課題)」と「オモテの問題を引き起こしている社内の問題(ウラの問題)」が合致することで、より一層課題が明確になります。
宿泊施設稼働率実態調査
宿泊特化型ホテルの相次ぐ進出による競合激化と低価格化は、大都市だけではなく地方都市においても着実に進みつつあります。地域の公表稼働率は様々なバイアスがかかった誤差を含む稼働率であるとともに、宿泊特化型ホテルは、地域の組合等にも加入しないことが多くその実態がわかりません。当調査では、競合施設の実稼働率を当社独自の手法を用いて算出するとともに、機会損失をしない適正な販売価格帯を導きます。
ホームページ診断
観光・サービス業においては重要なツールとなったホームページ。とりわけ宿泊施設においては、インターネットの予約比率が、社団法人国際観光旅館連盟の調査によると、大規模施設においては10~20%程度、小規模施設においては30%程度に達しています。しかしながらホームページの活用について悩んでおられる施設様も少なくありません。当社の「ホームページ診断」は、観光・サービス業に特化してきた視点から、デザイン・コンテンツ・SEO(サーチエンジンの最適化)・マーケティングの大きく4つのカテゴリーをさらに細分化した10項目で診断し、予約数を増加させるための今後の方向性について示します。また当社ではホームページの制作・更新サポートも承っております。
ブライダルフェア診断
宿泊施設の宴会部門において大きな比率を占める婚礼は、トレンドや見せ方、接客力が問われるホテルの総力が試される部門といっても過言ではありません。当診断では、集客・成約獲得のための重要なイベントである「ブライダルフェア」を診断することで、現状における問題点とその解決方法についてその方向性を示します。
お電話でのお問い合わせ 無料相談フォーム